上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20071223225608.jpg

アニメ名:ef - a tale of memories.
話  数:第12話
タイトル :「love」


評  価: 
smash:★★★★☆








以下、ネタバレ注意!!









このアニメの動画リンク


ef - a tale of memories. 第07話

ef - a tale of memories. 第01話~
※リンク紹介には各サイト様の承諾を得ております。





このアニメの感想

smash:














20071223230028.jpg
ん~…つまり二人はどういう人物なんだ(^^;
予想通りお知り合いだったようですが、
それ以上のことはちょっと曖昧な感じでした。














20071223230044.jpg
ラストの紙飛行機シーンだけで想像できるのか;
昔の恋人関係というのはなんとなく分かるけどw


















20071223230543.jpg
さて、efの最終回。
OPが日本語版になってましたね(^^)
あと、孤独に消えていくシーンがカップリングに…。


蓮治千尋をお姫様抱っこしてどっか飛んでったw


















20071223230549.jpg
いまだ千尋との別れを割り切れずにいた蓮治は、
火村さんに助言を求めるが"諦めるしかない─"
と言い切られて、途方に暮れてしまう(w_-;




一方で、火村の友人である久瀬さんに相談したところ、
少し違った答えが返ってくる。。。
久瀬さんの存在がアニメの中では微妙すぎる件(笑)
















20071223230556.jpg
無人駅にいた千尋は蓮治のことを
すっかり忘れてしまっていた。( 実は演技??




ショックで学校の屋上まで駆け出した蓮治
外に向かって大声で不満を叫びます。


( なんという「学校へ行こう!」(爆)




───と、そこへと突風が吹いて...
偶然、風に乗って漂う紙飛行機を見つけます(^^;
今までずっと飛んでたのかwありえない性能w


















20071223230800.jpg
海辺まで追いかけて、やっと掴み取った日記。
その内容はデートの夜に千尋が涙ながらに書いた
最後の記憶でした。

















20071223230807.jpg
日記を読み終え、ある決意をする蓮治
街に散らばった千尋の日記を回収しに向かいます。
なんだか、街中の電話BOXを回ったヒロと似てますねw



















20071223231241.jpg
体中ボロボロになるまで走ってかき集めた日記
たった数ページの日記を何も覚えていない千尋
差し出し、"必ず全部探し出す"と約束します。
















20071223231246.jpg
ここからの展開がベタだけど感動…(泣)
蓮治のことを忘れようとした千尋だったが、
13時間の壁は思いのほか厚かったようです(^^;




今までずっと"短い"と感じていた時間が
忘れようとすると長かったというオチが良かった~。


















20071223231252.jpg
終盤はその後のお話。
久々っぽく街に帰ってきた火村さんと、
それぞれのカップルの現状みたいな。


(火村さん旅に出てたとか…??;




















20071223231258.jpg

──ヒロが羨ましすぎて呪い殺したい(マテ
なんというラブラブ同棲生活(爆)
きっと毎日を満喫してる違いない、許せん!w
















20071223231304.jpg
ちゃんと京介もいつの間にかラブラブ。
最後に求めていた写真が撮れたシーンは
ちょっと感動した...(ρωT)


















──とまあ、
大雑把な感想ですが、最後まで見れてよかったです(^^)
他の恋愛アニメとはちょっと違った最終回だったし。




謎のシスター火村さんの関係が
思わせぶりで終わったのが少し心残りですがw


















20071008165913.jpg


↑ よければクリックでの応援お願いします(^^) 





スポンサーサイト
ソーシャルブックマークにこの記事を追加
ブックマークに追加する

忘れたくない想いに願いを込めて――。想いを忘れずにずっと思いつづけること…。夢。探していた色。撮りたいもの。居場所…。誰もが探し、求め、巡る想いと絆が作るものの先に...
続きを読む

■第12話 loveいよいよef - a tale of memoriesの最終話。前回の超展開からいったいどうなるのかが全く予想出来ないラストだっただけに、楽しみ半分、怖さ半分で視聴しましたが。気にな...
続きを読む

最終回は蓮治がメモの切れ端を探し出そうとし、千尋は蓮治を忘れられないお話。忘れていく前に思い返してしまうから、たとえ13時間の制限があっても忘れられない。程度の差はあっても、元々記憶とはそういうものだという気もしますねぇ。千尋が明日の自分に書いた....
続きを読む


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL
この記事のトラックバックURL

「アニオタライフ」では記事の本文中で頂いたトラックバックを「感想」として紹介させて頂いております。

ブログで感想を書いたwebマスターさんは、是非トラックバックして
御自身のブログのアクセスアップに利用してください!

「普段は全然アニメについて書かないけど・・・」って人も大歓迎!!

・・・でも関連の無い記事は勘弁してねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。